2017年1月29日日曜日

この間熊川宿にいって参りました


この間福井県霊南地域をドライブしてきました
京都から鯖街道をくぐり抜けて滋賀県の県境から
真っ白に雪に化粧した山道を越えると
若狭熊川宿に入ります
外は寒風が吹くなか
道の駅に立ち寄るとここも寒々とした待合室
プロモーションビデオが滞在者をお構いなく
流されているのはまた寒さを再認させます
そこを出て旧道を横切ると
昔ながらの町並みが
旅人の心をくすぐり
まるで時代劇のセットのような印象で
柿渋色の壁面が続き
両側から
旅人を誘うような店が続く
街道の宿場町を連想するのです
その空間は
車ではほんの一瞬の出来事でしたが
さすが鯖街道の熊川宿だと
旅の一ページを心に刻まれました
今でも時折
イベントも開催されるようで
もう少し暖かくなったら
再訪したいものです